コロナ後遺症?運動、栄養、食事、薬についての私的記録

海外生活福ぶろぐ , 日々の徒然

コロナ前後の精神面を書く予定でしたが、その前に今回は覚書的に運動、栄養食事、薬に関して書きます。知っておけば私のように長引く人も少ないかも?

*医療、処方箋や市販薬はオーストラリアと日本では違います。あくまで私の個人的経験を書いたものですので、その点はご了承ください。

コロナ罹患中と後遺症の運動エクササイズと栄養

先に結論を言えば

1.蛋白質とカルシウムは意識してもっと摂るべきでした。

2,疲労感が半端ないなら、エクササイズはしない、無理は絶対にしない。

3,手足がつるなら、筋を伸ばすストレッチ程度を少しづつやるのは必要だった。

コロナ罹患中と後遺症実感中に運動は必要か?

もちろん、軽症者以外は罹患(りかん)中はエクササイズどころではありませんよね。私の場合は喘息並みの咳が続いたので、上部腹筋運動は出来ている、6パックも有りか?くらいの実感がありましたが(うそ笑)

6Pack

やっとコロナ陰性になってからも、シャワーに防水の椅子を持ち込んでシャンプーをしたくらい疲労感があったので、それはもうエクササイズはいらないサインだと思いました。

大体こんなにしんどいのにエクササイズをやる気になるか?なるなら後遺症ではないのでは?とさえ思います。お医者さんの談話とかネットでは、もちろん、当たり前のように!ウォーキングや軽いエクササイズを毎日するのがお勧めされていますが、それ後遺症になった医者が書いていないからですよね?

この倦怠感はなった人にしかわからないのではないかなぁ。わたしはキモセラピー後の倦怠感とかに近いのではないだろうか?と想像しているのですが。

軽くてもいいからエクササイズして、身体を動かして、怠けないで、気持ちの問題!と言うのは簡単。ちなみに上記はうつ病の人に絶対にってはいけない禁句でもあります。

もちろん、無理して動いて気分が良くなる人もいる、かもしれないですが。

わたしは「無理は嫌い」「ただの風邪か花粉症だと思って無理したからやや重症になった、とにかく日常に戻らないといけないと思って無理したから後遺症になった」と思うので、無理はしません。

誰が何と言おうとも、無理はしないでください。

最終的には誰も自分の身体を交歓してくれるわけではないのですから。

でも筋肉が心配

やはり体を動かしていない時間が、眠っている時間抜いても一日の半分以上となると筋肉が心配です。おしりとか背中に根が生えてきそう・・・

私は8年前のダイエット成功後から糖質とグルテン、脂肪もあまり食べない(食べたくならない)のに加え、ストックのプロテインドリンクを飲みきってしまい、引越し前の食品庫整理で賞味期限が紀元前の乾&缶物と冷凍食品とサラダ菜、夫に買ってきてもらう出来合い品で過ごしていました。

家で寝ていることがほとんどなので、いつもよりカロリーは低めでも丁度良いくらいに思っていました。食べたい欲求はほとんど無いものの、たまに差し入れをいただけばちゃんと食べれたし、何も食べれないわけでもなく、生命力維持には十分だから良し、と思っていました。

栄養失調だった?

これも今思えば、蛋白質や脂質、カルシウムが全く足りていなかったのでしょうねぇ。ただでさえ糖質をほとんどとらないのに慣れていたので(ご飯とかパンも食べないし、砂糖や甘味も使わないし)カロリー不足、蛋白質が朝のミルクティと間食の手作りヨーグルト80gだけという日も多かったのです。

コロナにかかる直前、鬱と発達障害と栄養の関係を勉強するために「精神栄養学、栄養心理学」というのをイギリスの通信教育で始めたのですが前書き程度でストップしていたのですよね。

そこから発生してたどり着いたオーソモレキュラー栄養療法(orthomolecular medicine)というのがあります。それで蛋白質と鉄分とビオチンの重要性に目覚めた(ちと遅かった)わけなのです。

またそれも今度書きますね。

ケトン体質?

ケトン体ってダイエットには良い事として知られています。

Ketoダイエットについて

糖質を制限した分、脂質やたんぱく質を摂取することで糖質が皮下脂肪として蓄積される前に燃焼され、身体が新しく摂取したたんぱく質や脂肪と、今ある筋肉、脂肪を代謝物質に変えて生命維持をしようとするので痩せるわけです。

ちゃんと蛋白質と脂質や必要ビタミンミネラルを摂っていれば・・・。

私の場合は、病中病後で体力が落ちていたのに加えて引越しで消費カロリー増加&摂取カロリー不足、たんぱく質を始め糖質や脂質、カルシウム摂取不足。一時はケトアシドーシスという危険な状態だったかもしれません。全身の筋肉痛も血中酸度が上がっていて、乳酸が分解されていなかったからかも?まあ、これは勝手な推測です。

体重を計ったら3週間で3kg以上痩せていました。

足腰に力が入らないし、足がつる

あきらかに足腰が弱っている実感が湧いてきたのが、罹患後2週間くらいしてからでしょうか・・・。

丁度引っ越し準備だったので実感したのかもしれませんが、力が全然入らない、常に筋肉痛、そして皮膚表面が神経痛のようにピリピリ、すぐに太ももと脛?が疲れるというか痛むというか歩きにくい感じ、そして頻繁に足がつるようになりました。

比較的気をつけて水分とマルチビタミン、夜はマグネシウムを摂っていたのに頻繁に足がつったのはやっぱり運動不足だったのかな?

咳こみ腹筋だけでは足腰の強化にはならないですよねぇ(笑)

ステロイドと蛋白質

スネ夫先生にステロイドを処方してもらい元気が出てきたときに、ローストポークや焼き鳥とか煮卵、乳製品やチーズもまとめて食べてみました。付け合わせはホウレンソウやブロッコリや芽キャベツで鉄分も補充。

でもそれがたたって!? 後半はクローン病が再発・・・

ステロイドは筋肉合成を促すので良いチャンスだったのですが・・・

*ステロイドがコロナ後遺症の一般的な治療に使われているというというわけではありません。私の場合は主治医の判断で引越しさなかの短期のみ処方してもらい、それが思った以上に効いた実感があっただけです。(投与中はね)

ステロイドは一時的ドーピング効果だった?

ステロイド投与中はすっかり回復した気分だったのに、5日後に飲み終えた後は再び咳と微熱と筋肉神経痛、疲労感で寝込み、仕事もドタキャンし、また1か月予約はブロックしました。

うーん、ずっと飲んだらダメ?ってスネ夫先生に聞きたかったけれど、ステロイドは塗り薬でも自己治癒効果がなくなってくるくらいだからやめておきました。とにかく自己免疫と自己治癒能力と自律神経を回復しないと・・・。

でも、クローン病再発で結局2週間分引き寄せた♪

いまは気分が良い時だけ、ストレッチ少しとキッチンで背伸び運動、朝はマッサージチェア(運動かい?)に30分間座って瞑想しています。

エクササイズは絶対的に足りていないと思うのですが、オーストラリアは今真冬。春になったらもう少し運動量を増やせればよいなと思っています。

それまでは、運動はなんちゃって掃除程度ですかね(笑)無理は禁物!

春にはバレエのレッスンにも行きたいなぁ。

処方箋と市販薬

以下がスネ夫先生が出してくれた初回の処方箋薬と勧められた市販薬です。

その後、あまりに風邪の症状(陰性)とインフルエンザの症状も立て続けだったので、その都度5日~1週間の抗生物質でかろうじて喉の腫れと咳ををごまかした感じです。

咳止め

咳止めは市販薬の良く効くコデイン入りのを引き続き。なんとこのコデインってモルヒネの親戚だけあってかなり強力なんですね。興味ある方は上をクリック。

咳止めはドラッグ入り!?でも美味しいの

オーストラリアでは薬局ですぐ買える空咳用(Dry Cough) と書いてある咳止めの成分はほぼ同じです。ちなみに売っているのは99%シロップの印象です。私はSugar Freeで嫌いなミント味以外のやつ、と夫に頼んでトライ&エラーのあげく最終的にBisolvonのDry Forteがお気に入りになりました。

まず味がほんのりアプリコットで美味しい(笑)、他のより摂取量が少量でコストパフォーマンス高し。主成分のフォルコディン(Pholcodine)の含有量も高め。

ところが、

危険 摂取量と主成分の含有量が高いのが裏目に・・・

一回の摂取量は2.5mlつまり小さじ半分。これをいわゆるキャップカバーにもなっている小さなカップに入れると底の方にほんの少し。口の中に入るのは数滴にしか感じないのです。よって咳き込んで急いでいる夜中などは適当に注いで多分最低5ml~10mlは飲んでいたと思います。美味しいから余計に気にならない(笑)

主成分のフォルコディンはコデインというモルヒネの親戚で歯痛とか手術後に出されるオピオイド麻酔系の痛み止めの一種です。日本でも咳止めと癌の痛み止めに認可されているようです。とにかくそのコディンの従妹従弟みたいな成分で、後からよく読んだら下痢やうつ病にも効くそうな。

どおりで、こんな大変なこと(コロナ中も以後もいろいろ波乱があって)になっていても、コロナ前より不思議に落ち着いていて(なるようになるさ)的な精神安定度。これもこのフォルコデイン麻薬成分おかげかも? それとも持ち前のポジティブさかしら?いやコロナ前はカウンセラーしながらもメンタル黄色信号だったことを思えば、やっぱり薬の力侮れない?

マインド編は多分次の回に書きますが。

そしていわゆるブレインフォグ

鬱になるよりマシなんじゃない?程度に思っていますが、認知のゆがみ経験が新鮮というか怖いというか面白かったというか・・・。これだけで一投稿かけちゃうので先送りにしていいですか?

とにかく、罹患中はわからなかったのですが、咳止めを辞めたらブレインフォグが消えて認知のゆがみも収まりました。

勉強や仕事、とくに精密な作業や機械を操作する人はコデイン入りは要注意だと思います。

でも、ただひたすら静養できる人、ちょっと不安で鬱っぽくなりそうな人にはお勧めです。常用すると麻薬常習者みたいにやめるときにちょっと苦労するかもですが。

(私は咳止めをやめてから不眠や手足のワナワナ感、頭痛が数日続きました)

日本のコデイン入り咳止め

日本でも咳止めには入っているようですよ。

日本ではおなじみのやつ↓ カプセルは持ち運びに便利。コデイン量は低めでボーっとしにくいかも?


コデイン量多め錠剤 すごく良く効くと思うけれど脳内フォグ注意↓

↓咳どめはやっぱりシロップ♪ レモンティー味ですって~♡ カフェインも高容量なので日中も安心?夜はカフェインはいらないけれどねぇ。↓

のどの痛み

私のおすすめ睡眠時用のトローチについては前回の投稿でも書きましたが、のどの痛みは薬用のど飴(Lozenges)(日本のトローチより甘くて舌が痺れる)継続。日本のほうが薬用効果がある気はします。気のせいかもしれないけれど(笑) なにより味のバリエーションがそそられる。海外はねぇ~・・・ため息

さてトローチは(Lozengesロゼンジ)と言えば海外の薬局やスーパーでも普通に買えるものです。

結局初回は息切れ用の喘息用の吸入薬だけ処方箋を出してくれました。

「咳が止まったら、検査に来てね」って・・・(咳が止まったらもういいよ、遅いよ)と思ったのは間違いで・・・

ともかく、わたしには吸入器はダメでした

吸入薬

良く喘息の人がスーハーやっているあれですね。見たことはあったけれど使ったことはなかったのでなかなか難しい。気管を拡げて息切れをマシにするはずが、使うと喉が一層痛くなって息切れも解消しているようには感じず、5回くらい使ってやめました。え?練習が足りないの?

抗生物質とステロイド

コロナ陰性になってものどの痛みと咳の勢いは止まらず、空咳からこんどは色のついた痰が絡みだしたときに、抗生物質を処方してもらいました。コロナ罹患してから合計3回抗生物質を出してもらったことになります。

種類は変えてくれたものの絶対に多すぎ・・・。(オーストラリアではあまり抗生物質を処方されることはないそうですが、中華系のスネ夫先生は日本よりですぐに出してくれようとするので今までは断っていました)

さて、ウィルス性の症状には抗生物質は役に立たないのですが、痰の色や喉に白いぶつぶつが出来ているときは細菌感染もしているので、そこには抗生物質が効きます。

最後に抗生物質を飲んだのなんて何年も前ですが、今回はいつもと違って「栄養バランスや健康食品や精神含む自然療法でコントロールできる域を超えたと」いう実感があったので、素直に飲みました。

飲んでいるときは症状は少し楽になるものの、2日空ければまた咳も出るし喉も痛いし微熱は続くよどこまでも・・・。

その間、家族もドミノ的に風邪やインフルエンザに罹っては孫経由で運んできてくれていたのもあったと思います。少し良くなった気がしていても、人に会ったり、人ごみに出たらその夜からまた具合が悪くなることの繰り返し。

コロナに再度かかったかのような上昇なのですが、RATテストでは今のところすべて陰性です。

ステロイドは倦怠感と疲労でもう動けない・・・と思ったときにスネ夫先生がリポビタンデー的に出してくれたもので、飲んだ翌日には咳とのどの痛みは残ったものの、他の気分は完全回復したかと思えたくらい元気になりました。

一気に引っ越し準備も引っ越しもできたのもそのおかげ。

でも、あれはひと時の夢でした・・・。

クローン病

これはもう30年以上前に潰瘍性大腸炎(IBD)と一緒になってしまい、難病不治の病でしたが、良い先生と自分のポジティブマインドで寛解と発作を4,5年おきに繰り返したあと、最後が8年前の発作以降ほぼ完治だと思っていました。

年末に帯状疱疹になったときにも、気配はあったのですが薬(アサコール)は常備しているのでそれで喰い止め、難を逃れた感じです。

自己免疫疾患の一種なので、ワクチンかまたはコロナウィルスで自己免疫系グダグダになっちゃった感じがします。

今回は消化不良が始まっていたのにもかかわらず、蛋白質と脂質、つい美味しいと評判のパンとクラッカーをたっぷりのブルーチーズと一緒に食べてしまったのが、トリガー(きっかけ)になってしまった感じです。

そういえば8年前のクローン病発作はグルテンをとらなくなったとたんに止まったのでした。わたしはグルテン不耐ですがアレルギーではないのでたまに食べていましたが、こういう体調不良の時に食べるべきではなかったと反省しています。

実はブルチーズもトリガーのひとつなんです(^^;

クローン病のおかげで、ステロイド(プレドニン)を処方してもらえたので、いまにわか元気でこんなに長い文章を書いていられるのですけれどね。

わたしはワクチンで帯状疱疹もクローン病も眠りを覚まされたのではないかと思っています。パスポートと労働許可証代わりにワクチンを打ったことにはまったく後悔はしていないのですが、肝心のコロナが軽症化しなかったので騙された気分(笑)

食欲と味覚、嗅覚

栄養のところでも書きましたが、食欲は旺盛ではないもののちゃんと食べれていたのであの怠さ、倦怠感は体力消耗のだるさではなかったみたいなのですよね。(蛋白質不足だったかもしれないけれど)

私は昔から「具合悪い」モードに入ると独自の栄養管理指令が脳から出る体質のようで、食欲が失せることはほぼなく、失せるのは生理中だけでした。

今回は仕事もしていなかったので引越しの冷蔵庫と食品庫整理兼ねて、昼のコーヒーのカフェインの勢いで豪華賞味期限切れ食材でガーっと作り(賞味期限切れる前に使うか、あげれば良かったのにと自己ツッコミいれながら・・・)、夕方力尽きてバタッと倒れて寝ちゃっても夕食直前に起きて温めるだけだから楽勝。

バナナが渋柿

味はRAT(簡易)テスト陰性の時から変でした。最初は「バナナ」を一口口に入れたとたん渋柿を食べたような感じになり、思わず吐き出してしまいました。毒見役(夫)は普通のバナナだよと。私は農薬が気になるので最初の1㎝強を切り落としてから食べるのですが、半分以下の部分を再度小さく切って食べてみると今度は「キーン」と音がしそうな金属味がして結局食べれませんでした。

今は熟したバナナは大丈夫です。あまり熟していないのは渋柿味にはもうならないですが、かすかなバナナ味のお芋みたいな感じ?

あとは、美味しい林檎が食べたくて少し高給なのを買ってきてもらったのに、そのリンゴが水っぽくて騙された感にひしがれていたら「この林檎美味しいねぇー甘いねぇー」と毒見役が言うではないですか。普段なら(こいつ味音痴の毒見失格者だわ)、とバッサリのところをグッと抑えて3個は自分用にコンポートにしました。

その他、しょっぱいものは異様にしょっぱく感じるのですが、第三者曰く普通程度の塩分だと「物足りない」つまり、「良い塩梅」の幅がすごく狭いみたいで食卓で塩を足したりお湯を足したり。

たまにポテトチップスが食べたくなっても5枚食べたらもうギブアップなので、これは良かった。

チョコレートもゴディバレベルも甘ったるいだけで半分でいいや。本当はもっとおいしかったはず・・・でも美味しかったら半分や1個でやめられないからやっぱり良かったのか?

酸味に敏感だったのが少し鈍化した気もします。というか酸っぱいのは嫌いだったのが熱などでさっぱりして美味しく感じただけかもしれないです。

そのたもろもろ他人(夫)と比べるとどうも味覚軸がぶれている感じ、嗅覚は明らかに鈍った感じはしましたが、そんなのあまり気にならない程、咳と怠さと後半は喉痛、神経と筋肉痛の方が辛かったです。

長々お読みいただきありがとうございました。

次回はまだステロイド効果があるうちに精神面の考察に行きたいと思います。

新着記事

コロナ後遺症?運動、栄養、食事、薬についての私的記録

コロナ前後の精神面を書く予定でしたが、その前に今回は覚書的に運動、栄養食事、薬に ...

コロナ週末のはずがコロナ長期休暇に?後遺症になっちゃったかも

前回の投稿を読むと4月中はコロナで静養中のため活動休止と書いてありますが、5月中 ...

Corvid Break

  ついにコロナ洗礼にかかった模様。症状がばっちり出ているため4月中は ...

ダメ人間はいますか?その2

前回の「ダメ人間はいますか?」ではダメ人間は夫だと勝手に仮定しました。でも、もし ...

質問:ダメ人間はいますか? 

ご質問者様ダメ人間はいるのかいないのか? というご質問ですね? 答え&結論 ダメ ...