オーストラリアはイギリス式クリスマス

海外生活福ぶろぐ 

日本はヨーロッパ大陸式にクリスマスイブがいちばんの盛り上がりですが、ここオーストラリアはイギリス式にクリスマスの日のランチが正式です。
今年はビーフウェリントン(牛ヒレ肉をマッシュルームと生ハムで巻いたもののパイ包み)とロースト野菜。スフレチーズケーキは冷蔵庫で待機中。
夫婦2人なら手抜きでいいやと思うのですが、クリスマス時期の外食はFIXで高い割にあまり美味しくもなく、デザートに私の苦手(というか材料の何かがアレル源)なクリスマスプディングが必ず付いてくるので苦手なのです。
何度か南半球でクリスマスを過ごしていますが、娘が独り立ちしてからは飾り付けもせずプレゼントも好きなものを前倒しで買っちゃうので(笑) クリスマスっぽいのはイブのディナーとランチだけ。
キッチンの後片付けがうんざりなのですけどね〜、
ローストビーフを生ハムで巻いてからパイに包んで焼くビーフウェリントンは塩気が効いてて美味しいですよ。
5つ星ホテルではマッシュルームと生ハムの代わりにフォアグラで胸焼けしそうにリッチなビーフウェリントンが主流ですがそれも好き。

新着記事

バレンタインデー・ホワイトデーにあるある国際夫婦喧嘩

数年前に開眼するまでのわたしと噂に聞くバレンタインデーバトルの種を書きましょう。 ...

Go の後に toをつけるかつけないか、それが問題ですか?

Go の後に toとつけるときとつけない時がある なんて知ってました? 新年のご ...

嘘つき!夫婦喧嘩から仲直りしにくくなる理由 夫婦カウンセリング

夫婦カウンセリングケースより(壱の日福ぶろぐ) お互いに嘘つき呼ばわりでだんだん ...

夕食ダイエットルール 

毎年1月の季節商品(笑)夕食ダイエットは2コースあります。気まぐれに趣味で出すの ...

地球に恩返し 2021年1月1日 壱の日福ぶろぐ 再開

皆さんの素敵なおせち料理をSNSで眺めながら、今更のように年越しそばを載せてみる ...