オーストラリアはイギリス式クリスマス

海外生活福ぶろぐ 

日本はヨーロッパ大陸式にクリスマスイブがいちばんの盛り上がりですが、ここオーストラリアはイギリス式にクリスマスの日のランチが正式です。
今年はビーフウェリントン(牛ヒレ肉をマッシュルームと生ハムで巻いたもののパイ包み)とロースト野菜。スフレチーズケーキは冷蔵庫で待機中。
夫婦2人なら手抜きでいいやと思うのですが、クリスマス時期の外食はFIXで高い割にあまり美味しくもなく、デザートに私の苦手(というか材料の何かがアレル源)なクリスマスプディングが必ず付いてくるので苦手なのです。
何度か南半球でクリスマスを過ごしていますが、娘が独り立ちしてからは飾り付けもせずプレゼントも好きなものを前倒しで買っちゃうので(笑) クリスマスっぽいのはイブのディナーとランチだけ。
キッチンの後片付けがうんざりなのですけどね〜、
ローストビーフを生ハムで巻いてからパイに包んで焼くビーフウェリントンは塩気が効いてて美味しいですよ。
5つ星ホテルではマッシュルームと生ハムの代わりにフォアグラで胸焼けしそうにリッチなビーフウェリントンが主流ですがそれも好き。

新着記事

点描とシンギングボウル セラピューティック プチリトリート in Perth

久々のパース在住の女性向けイベントです。 サウンドセラピストのNaoさんと素敵な ...

ハリウッドのセレブ人気らしいオリーブ油だけのアーモンドケーキをほぼ無糖で作ったら

ほぼ無糖オリーブ油アーモンドケーキ 夫が糖尿病ではないもののグルコース不耐(ブド ...