レシピ英語3 アンザッククッキー (ビスケット)

英会話の福ぶろぐ 

前回 前前回の続き アンザックビスケットのレシピを使って作り方の英語の解説(英文の後)です

Anzac biscuit
Ingredients
40g porridge oat
40g desiccated coconut
50g plain flour
50g caster sugar
50g butter, plus extra butter for greasing
1 tsp golden syrup or Honey
1/2 tsp bicarbonate of soda
Method
1、Preheat oven to 180C/fan 160C. Put the oats, coconut, flour and sugar in a bowl.
2、Melt the butter in 5-10sec in microwave and stir in the golden syrup.
3、Add the bicarbonate of soda to 1 tbsp boiling water, then stir into the golden syrup and butter mixture.
4、Make a well in the middle of the dry ingredients and pour in the butter and golden syrup mixture.
5、Stir gently to incorporate the dry ingredients.
6、Put dessertspoonfuls of the mixture on to buttered baking sheets, about 2.5cm/1in apart to allow room for spreading.
7、Bake in batches for 8-10 mins until golden. Transfer to a wire rack to cool.
3より
stir into the golden syrup とあります。一つ前の2にstir in the golden syrup とあります。
ではクイズです。さてこの二つは同じ?意味?違う意味?
Stir into 〇〇 / 〇〇に混ぜ入れる
Stir in 〇〇 / 〇〇を混ぜ入れる
ま、大雑把のO型の私にはどっちでもいいじゃん?(横浜育ち)ですが、料理とか化学ではノンノンみたいです(笑)
4にpour in the butter and golden syrup mixtureという似たような言葉がでてきます。これはstir(かき混ぜ)ながらではなくただ注ぐって言うことです。
そのあと5でかき混ぜるって書いてあるからstir inでいいじゃん(横浜育ち←しつこい)と思った人はお仲間!
次は4よりMake a well in the middle of the dry ingredients
the dry ingredients(ドライな材料っていうことはつまり砂糖とか粉とかですね)のin the middle (中央)にwell を作るわけですね。well って良いとかそういうこと?
そうなんですがwellには井戸とか窪みっていう意味もあるのです。
なので中央にくぼみを作るっていうことです。こうすると均一に混ざりダマができにくいらしいです。ここには書いてないけど。
5 の Stir gently to incorporate the dry ingredients.
stirってレシピには本当によくでてきますね。それよりここではincorporateの方が⁇ではないでしょうか?
でもね、incorporate知らなくてもこの文章なら問題なし。
Stir gently to the dry ingredients.
粉類に優しく混ぜ入れてねってこと。
incorporateは取り込むとかまとめると言うことなので、ただ混ぜるだけじゃなくて一まとめになるようにとだめ押ししているわけです。
長くなったので次にしようと思ったけどあと少しなので続けましょう。
6のPut dessertspoonfuls of the mixture ここでエー!っと私も思った!
大匙=table spoon
小匙=teaspoon と言う認識だったのに
 dessertspoonfuls って…
あFulsはfullsですり切り一杯って言うこと。山盛りはheaps ですから。
ということで調べましたら結構でていなくて汗ダクダク、中国語のサイトで見つけました(笑) 漢字読めて良かった。
dessertspoonfuls=小匙2ですって!
勉強になりますね〜。
あとはバター塗ったトレイにタネを置いて焼くだけですね。
2.5cm allow room for spreading
room はお部屋じゃなくて空間とかスペースっていうことですよ。
in batches は1回分 つまりオーブンに入れて一回焼くのに8-10分。
ブラウンシュガー入りだと焼き色がよく見えないので焦がしてしまうことも多いのですが、良い匂いがしてきたら焼けていますよ。
という事で参考になりましたら幸いです。

新着記事

こんな夫なら離婚は思いとどまる価値がある3選  その1

別に絶対に離婚するなと言っているわけではないですが、その価値があるのは 1 自分 ...

HelloFresh 届きましたので作ってみました。

噂の? HelloFreshが届いたので早速作ってみました。(まだ日本にはないみ ...

保護中: たった1つダイエット・食欲がない時は心配しないで喜ぶのだ

タイトル通りです(笑) password保護中ですが、Noteにサークルとしてま ...

海外初開催 オーストラリアでザ・リップルゲーム

ザ・リップルゲームって何?⇒直感で問題解決をするゲーム ザ・リップルゲーム 海外 ...

直感で問題解決をするゲーム ザ・リップルゲーム

ザ・リップルゲーム なにそれ? 自分だけではなく他人の直観力を借りつつ自分の直観 ...

簡単マインドフルネスアートセラピー タングル曼陀羅

タングル曼陀羅(仮) 私がご紹介するタングル曼陀羅(仮)は 言霊・数霊が模様に編 ...

円満離婚レシピ 結婚と離婚のメリット 壱の日福ぶろぐ

お互いにメリットのある関係を維持するか、お互いのメリットを尊重して違う道を進むか ...

アートセラピーセッション メニュー& 料金表

アートセラピーセッション メニュー& 料金表 総合メニューからこちらにも(各写真 ...